リフトマキシマイザーでシワは消える?多角的アプローチの効果

リフトマキシマイザーのシワ消し効果

肌の老化がスピードアップする50代、ハリ不足やシワは専用の美容液を使ってもあまり効果が感じられなくなります。スキンケアの効果が追い付かないこの年代から今絶賛されているのがリフトマキシマイザーのシワ消し効果です。

 

年齢サインを隠したくても、メイクやスキンケアではどうにもならない年齢。仕方なく肌年齢をそのまま我慢して受け入れてしまう人もいるでしょう。

 

そんな肌の老化がストレスになる方に向けて登場したリフトマキシマイザーは、シワ消しやハリ回復効果が抜群だと口コミでも人気。その理由は今まで使ってきたアンチエイジングコスメにはない驚きの効果が隠されています。

 


リフトマキシマイザーの詳細はこちら

50代の肌が抱える悩みは表情まで暗くするストレス

鏡を見た瞬間に自分とは思えないほど老けた人が映っていることがありませんか。こんなに老けてた?と自問自答したくなる瞬間、今老化スピードを食い止めないともっと肌の老化は進んでしまいます。

 

50代は更年期障害などホルモンバランスの変化で肌の働きが不安定になる時期。加齢以外にもストレスや食生活などにより年齢肌はどんどん悪化してしまいます。

 

素敵に年齢を重ねていくのならさほどストレスは感じないかもしれませんが、シワが多いと実年齢以上に見られ人と視線を合わせるのが怖くなります。シワが少ない女性は多い女性よりもはつらつとして見えるメリットがあるため、これからは老化サインの目立つシワやハリにターゲットを置いたスキンケアが若作りのコツになるでしょう。

50代の肌が抱える最も多い悩みについて、以下の症状が気になる方は本気のアンチエイジングが必要なサインかもしれませんよ。

  • 鏡や窓に映る自分の姿を見るとがっかりする
  • ファンデーションがほうれい線の溝にはいってしまう
  • アイラインがうまく描けない
  • 写真の自分がとても老けてみえるようになる
  • 目尻やおでこ、眉間のシワがどんどん深くなる
  • 一般的なアンチエイジング化粧品の効果が実感できなくなった

見た目年齢に差をつけるのは幹細胞の働きだった!

最近よく耳にする「幹細胞」は、化粧品や再生医療などで話題になっていますが、どのような効果があるのか知らない人は多いと思います。幹細胞は元々体内にあるもので自ら再生する能力を持っています。色々な種類があり、たとえば血液には造血幹細胞と呼ばれるものがあります。

 

この幹細胞は年齢とともに減少し20代の後半になるとどんどん少なくなっていきます。幹細胞が少ない肌はハリがなく、そのために見た目年齢にも差をつけることになるのです。

 

リフトマキシマイザーのシワ効果が高いと評判になっている理由は、世界レベルのヒト型幹細胞培養エキスを高濃度で配合しているため。でも幹細胞といわれても肌に安全なのか、不安になる方もいるでしょう。

リフトマキシマイザーのシワ対策の即効性が高く人気があるのは、世界レベル研究機関を持つ「UniCocell BIOMED」社製の幹細胞エキスを使用しているためです。

 

同社のエイジングケア研究はアメリカのTIME誌のアワードでトップ50に選ばれるほどのランクの高さ、製造するヒト型幹細胞エキスは無添加で不純物のない100%ピュアなものをフリーズドライで粉末にしています。

 

自分の肌が嫌いになるほど老化症状が進む50代以降、自信回復するためには、幹細胞エキスであらゆる角度から若い肌を取り戻すことが大切なのです。

リフトマキシマイザーが瞬時に効果が実感できるのは独自のロウを配合しているから

リフトマキシマイザーのシワ対策は、なんとなく効果があるかも?というよくあるエイジングケア化粧品とは違います。使った瞬間に肌がピンとハリを取り戻す速効性は天然由来の植物性ワックスを配合しているためです。

 

ミツバチが巣を作る時に使う天然のオイル「ミツロウ」や「キャンデリラロウ」「カルナウバロウ」合計3種類のロウをバランスよくブレンドしています。

 

ロウは固形ですが体温でとろけてシワの溝などすみずみまで入り、ロウが乾く際に肌を引っ張る物理的効果を採用しています。このロウの働きがあるからこそ、シワ消しがスピーディで誰もが効果を実感できる点が魅力。エイジングケアの化粧品を何か月使っても、さほど違いを感じない退屈なお手入れとは根本的に目的が違うのです。

 

リフトマキシマイザーのシワ対策は一時的に肌を引っ張るだけではありません。美容成分が肌に浸透して奥から肌を引き上げる力を回復させるため、自然な肌の若さを取り戻すことが可能。シワを引っ張り固める効果は、肌のクセになっている年齢サインを引っ張りハリと弾力のある肌へと導いてくれるでしょう。

 

リフトマキシマイザーの特殊カプセルに閉じ込めて配合した高機能美容成分

リフトマキシマイザーで行うシワ対策は、加齢により減少するあらゆる美容成分を最適なバランスで贅沢に配合していることが魅力です。浸透力が弱くなる年齢肌、角質層までしっかり届くように特殊カプセルに美容成分を閉じ込めて配合しています。

 

そこで注目したいのがリフトマキシマイザーの豪華な美容成分について。厳選52種類も配合された美容成分のなかでもとくに注目したい種類をいくつかみていきましょう。

 

ヒト型セラミド

セラミドNP、セラミドAP、セラミドEOPの3種類を配合し角質層内でしっかり水分を抱え込んでくれます。

 

3つのヒアルロン酸

加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸Na、アセチルヒアルロン酸Naの3種類は保水力が低下する年齢肌に長時間潤いを与える働きがあります。

 

3つのコラーゲン

サクシノイルアテロコラーゲン、加水分解コラーゲン、水溶性コラーゲンは肌を下から持ち上げリフトアップをさらにサポートしてくれます。

 

たっぷり配合された上質な美容成分

ほかにもプラセンタ、レスベラトール、ブドウ葉、アミノ酸18種類、ビタミン6種類、ミネラル8種類など、浸透力を高めるカプセルに凝縮しバランスよく多角的なエイジングケアができます。

リフトマキシマイザーがバームスティック型を採用している理由について

リフトマキシマイザーにはロウがブレンドされていますが、速効性を実感するためにもあえてバームスティック型を採用しています。その理由はロウを含んでいるためだけでなく毎日のお手入れが手軽になることもメリットといえるでしょう。

 

リフトマキシマイザーの気になる使い方ですが、洗顔後に保湿をした肌に使用します。日中はシワぐせをつけないために使い、夜は寝ている間にシワを引っ張るために使用します。

 

使い方のコツですが日中はリフトマキシマイザーを付けた後にメイクがよれないよう、塗った後にパフを使い叩きこむこと。夜はバーム効果がとれないように仰向けで寝るように意識してください。また年齢を感じやすい顔のあらゆるパーツ、シワやたるみが目立つ部分の使い方のコツをいくつかご紹介しますので参考にしてください。

目の下

くまやたるみが気になる目の下は目頭から目尻に向かいスティックを薄く伸ばしてください。

 

目元

眉頭からスタートして眉尻、こめかみへと続きます。目の周辺は皮膚が薄いので強く引っ張らないよう注意しましょう。

 

口元

口元のたるみは表情を変えるほどの年齢サイン。リフトマキシマイザーを唇の上から頬を持ち上げるように引っ張りながらこめかみまで塗っていきます。

 

顔だけではない!デコルテや手の甲にも使える

 

リフトマキシマイザーはシワやハリ回復のエイジングケアの効果が高く美容のプロからも絶賛されています。使用できるのは顔だけでなく、年齢がでやすい手の甲、デコルテなどにもオススメです。ハリ効果は早い人で1週間後、スピードアップするためには肌をリフトマッサージして使うとさらに効果を実感しやすくなるでしょう。

 

また敏感肌の方でも使用できるように無香料、無着色、パラベンフリー、エタノールフリーの4つの無添加にもこだわっています。高品質なのは日本製で厳しい検査をクリアしたものだけが出荷されていることも理由です。

 

スティック1本で2か月ほど使用ができますので、効果が期待できないコスメを使い続けるよりも、幹細胞コスメだけにフォーカスすることも年齢肌には必要かもしれません。

今なら5本セットは通常価格の40%オフ、購入者には化粧ポーチが無料でプレゼント。毎日頑張って年齢を隠そうと努力されている方は、ぜひヒト幹細胞配合のリフティングバーム、リフトマキシマイザーのシワ取り威力を実感されてはいかがでしょうか。